« 2012年5月 | トップページ | 2013年1月 »

2012.06.13

カキツバタを巡る(4)鳥取唐川


さて、牧谷を見た後は、今日の本命、唐川の自生地だ。


大きな地図で見る

地図で見た限りでは、道幅がわからんが、こんな山の中だと、相当狭い道だろうと思い、県道37号線から山に入っていくと、、、

予想通り、えらい道だった。

こんな道で対向車とすれ違ったら退避できる場所もほとんどないし、対向車が来ないことを祈るだけだったが、途中でも「がけ崩れで最近塞がった道を、また切り通しました」みたいな箇所もあって、ちょっと37号線側から唐川に入るのはオススメできない。というか僕は次はもうこちらからは来ない。

恐る恐るようやく駐車場にたどり着いて、歩いて入り口を見てみると


2012052605

何ですか、くま出没注意!!って。。


2012052606

そのくま出没注意!!の道をえんえん歩くのは、正直結構怖いです・・・
入り口のカンバンにはあと300メートルとあったけど、絶対その倍は歩いたんじゃねぇかと思った先は、


2012052607

未だ全然咲いてませんでした。折角息を切らしながら歩いてきたのに。。。でも


2012052608

よーく見ると、咲き初めているのがわかる。望遠で目一杯寄った写真なので、肉眼では正確な姿までは確認できない。

帰りは逆側へ抜ける道で帰ったが、こちらはまだまだ広い道路でホッとした。
まぁでも行き方もわかったし、花はまた、来年までの楽しみにしておくことにする。
後は来年京都の「大田の沢」を見れば、三大自生地制覇だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.12

カキツバタを巡る(3)鳥取牧谷

先々週の余勢を駆って、カキツバタ三大自生地のひとつ、鳥取唐川のカキツバタを見に行くことにした。

鳥取は一部区間のみ一般道になるが、ようやくほぼ高速道路が開通して、ちょっとは行きやすくなった。


大きな地図で見る

牧谷の交差点まではナビですぐではあるが、そこから先が、これまたわかり辛い。何度かぐるぐるしてみたがついにわからず、車は遠くに停めて、歩いて探すことにした。


2012052601

で、ようやく入り口をようやく発見。歩いてすぐみたいだったが、、、


2012052602

すれちがったおっちゃんによると、今年はほぼ、終わりだそうだ。


2012052603

それでも結構、花は残っていたよ。

見頃を過ぎてもあえて見に行こうと思ったのは、ホームページに、付近にモリアオガエルが生息していると書いてあったからだ。もしや遭遇しないかと思いじーっと湖面の上の木などを見ていたが・・・見つからなかった。

帰りもトボトボと歩いて帰ったが、周りの田んぼはちょうど水入れの時期。カエルやヒバリの鳴き声がそこいら中から聞こえる。中学生は皆挨拶してすれ違う、気持ちのよい、のどかな田舎であった。
(つづく)

2012052604

しかし、ここは入り口を中心にキショウブが結構あるが、要注意外来生物をそのまま放置しておいてよいものだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.11

カキツバタを巡る(2)刈谷小堤西池

八橋を見た後は、本命の刈谷市の小堤西池へ移動だ。

風も強いが日差しが結構強く、初夏の陽気だ。

ホームページなどで事前に調べてはいたが、地図を読み間違えて駐車場に入るまでに時間がかかってしまった。

入り口はこちら。


2012051204

ここから暫く歩く。マムシ注意とある。


2012051205

暫く歩くと田畑が広がってきた。もう少しだ。


2012051206

てっきり湿原というので、半ば森のような処かと想像していたけど、半ば田園風景の中にあって驚いた。

2012051207

写真の右奥の森は、池に流れる地下水の後背にあたるので、刈谷市が買い上げたそうだ。

2012051208

見頃からちょっとズレていたかもしれなかったが、自生するカキツバタを見られて、おっさんながらちょっと感動した。車で行くには便利なところなので、是非また見にきたいもんだ。

この後はそのまま東京へ移動。初めて新東名で移動したが、こちらも大変快適。四日市付近の渋滞がなければ、東京方面へは名神-第二名神-伊勢湾岸-東名-新東名が正解かも。でも帰りは新東名と東名の合流地点から、激しく渋滞していたが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.10

カキツバタを巡る(1)知立八橋

花関係の仕事の段取りが一段落。ふと見てみたくなって、出かけることにした。

名神、第二名神、伊勢湾岸と乗り継ぐ。豊田南からすぐで八橋だ。


大きな地図で見る

後で地図を見たら、名鉄の駅からも歩ける便利なところだ。

車をとめる臨時の駐車場が野球グランドらしく、風が吹くと物凄い砂埃が舞う。口をしっかりつぐんで、入り口に向かう。

2012051201

ここは無量寿寺というお寺の庭にあたる場所のようだ。見頃なのか、沢山人がいる。

2012051202

おおむねこんなかんじな場所が何箇所かあるかんじだ。花は一斉に咲いて、一斉に終わるわけではないようなので、キレイに開いている花もあれば、既にしぼんでしまっている花も点在している。本の写真で見るような光景は、最初の開花直後に見に行かないといかんのだろうか。

2012051203

この日は風が強く、撮るのも結構根気がいった。とはいえ、いずれ見たかった花がようやく見れて嬉しい。

十分見て堪能したから、次に移動だ。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2013年1月 »