« 「小説フランス革命V」 読了 | トップページ | 最近わが家で流行るモノ »

2010.04.13

Twitterはまだ「衝撃」なのか?

猫も杓子もTwitterなわけだが。

僕は今フォローしているアカウントが20くらいあると思うけど、既にタイムラインを追うのが、苦痛で仕方なくなってきてる、とても。

一体この疲労を伴う既視感って何だったっけ?と思い返してみると、NiftyServeのフォーラムを片っ端から読んでた頃とか、2ちゃんであまり興味のないスレッド読んでる時の感覚だとわかってきた。

生の情報とか、整理されていない情報とかを追うことって、目とか、頭が疲れてくるんだよね。そのくせ頭の中には、何も残らない。

・世界中に点在する情報を検索すること
・世界中の人達と協力して新しい価値を創造すること

はインターネットのいいところだと思うけどさ、Twitterの使われ方って、即時性とかが主題になってて、一体ヒトがしあわせになる何か新しい価値を作ってるんだろうか?と思うけどどうよ?

情報のダイナミズム自体に価値があるのか?(コレって、金融デリバティブ商品とかと似てるよね。違う?)
整理・編集されない「生の情報」って、そんなに価値のあるモンなのか?

そう最近は思いながら、最近はクラシックのCDを聞いてたりするわけ。その方が必死にタイムラインを追ってるより、しゃーわせなんだもん。

だいたい何でも衝撃衝撃って、騒ぎすぎじゃね。「衝撃」というなら、ラブプラスの方が遥かに衝撃だ。アレは人格を破壊する。危険だ。

|

« 「小説フランス革命V」 読了 | トップページ | 最近わが家で流行るモノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6475/48071598

この記事へのトラックバック一覧です: Twitterはまだ「衝撃」なのか?:

» 金井英之の人前であがらない方法 [金井英之の人前であがらない方法]
どこかで思い切って、断ち切ることが必要です。 [続きを読む]

受信: 2010.04.13 11:25

» リンク1 [リンク1]
リンク1 [続きを読む]

受信: 2010.04.14 02:48

« 「小説フランス革命V」 読了 | トップページ | 最近わが家で流行るモノ »