« DiMAGE A200 | トップページ | 国本武春 »

2006.02.06

灘黒岩水仙郷(淡路島)

というわけで、DiMAGE A200を、行ってみたかった淡路島につれて行くことにした。

いつもの中国道から山陽道(神戸北線でショートカットする手もあったが)までは何の変哲もない高速道だったが、明石大橋を渡るところから、急に景色がよくなってきた。明石大橋は初めて。一面青い海が広がり、景色がすばらしい。

淡路島に入っても、神戸淡路鳴門自動車道からの景色は飽きない。この道はドライブには最適じゃないだろうか。

洲本で降りて、28号線(四国街道)まではよかったが、国衙を左折したあたりから、道がかなり怪しくなってきた。地方で軽自動車が多いのは、税金の面もあるだろうが、やはり広い道がないところが多いということもあるのだろう。島の外周までたどり着いたら、道幅はましになってきたが、今度は山坂道だ。誰もいないので、ここは結構楽しい。海べりの道をひたすら走って、到着。

近くの駐車場にとめて、無料のシャトルバスで行くことにした(直接水仙郷の駐車場に入ることもできるが、後で見たら、結構混んでいた)。シャトルバスの中での乗客の会話のコトバが、結構キタナい。四国から来た人達なのだろう(失礼)。

写真の腕はとにかく、海に向かって急斜面に咲く水仙を見ていただきたい。

06020402

06020403

06020404

06020405

撮影の時は、A200のバリアングル液晶が重宝した。

帰りは島の東側の海岸線に沿って走る道路経由で洲本へ戻ったが、海沿いの道はアスファルトでない上に、海に向かって傾いており、走っていても、気分がよろしくない。しばらく走ると山坂道に入るが、ここも道幅が大変狭く、結構危ない道だ。灘黒岩へ行くには、素直に島の南側から入る方が良いだろう。

|

« DiMAGE A200 | トップページ | 国本武春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6475/8523453

この記事へのトラックバック一覧です: 灘黒岩水仙郷(淡路島):

« DiMAGE A200 | トップページ | 国本武春 »