« クルマを見に行く(デミオ編)。 | トップページ | 誕生日に »

2005.09.05

クルマを見に行く(フィット編)。

さて、マツダのディーラーを出て、徒歩でてくてくホンダのディーラーまで歩く。今日は結構暑い。

このあたりは色んなメーカーのディーラーがあるね。レクサスも出来たんだ。

クリオに到着。マツダと違ってえらく込んでるね。待っている間、展示されているフィットをしげしげと眺める。

内装の演出はウマいね。レーシングカーのカーボン・ケプラーのコンポジット素材のような雰囲気だ。着座位置も雰囲気から予想したほど低くなく、乗り降りも普通でちょっと安心。

ところがリアハッチを開けて、少し驚いた。ダンパーステー(とでもいうのだろうか?)の取り付け部分の溶接跡がむき出しだし、ハッチの切り方がまっすぐではなく少しギザギザで凝っているのだが、肝心のその部分の隙間が大きく、ツラも合っていないように見える。これがホンダの品質なのか?デミオは詳しく見ていなかったので分からなかったけど。

営業氏がやってきて商談開始。カタログを大体見ていたので説明は程々に、早速試乗開始。

おー、一番いい色だと思っていた黄色(テレビCMに出ていたやつ)がやってきた。実車もいい色だね。初心者マークも目立たずに貼れるかも。

フィットで気になっていたのは二つ「CVTのかんじが自分に合っているか」「あまり硬い乗り心地はイヤ」。さて、座席について、位置あわせしてみる。

割と高めに設定したのだが、先端どころが左右の端も見えない(汗)ついていた電動ポールを伸ばしてもらう。フィットの顔は先端が少し出ているので、前端はもうちょっと前です、と営業氏。でもデミオに比べると、随分前のような印象だ。

道路に出てみる。当然のことではあるが、どこまでエンジンが回っているのか分かりづらい。それと道によってはロードノイズがかなり大きく、走っているスピードの感覚が少しつかみ辛い。アクセルの踏み加減次第で急にスピードが出るように感じる。クリープ現象が大分小さいのが結構違和感があるが、これは慣れの問題だろう。ブレーキのかんじはフィットの方が自分には自然に感じた。

少し広い道路でアクセルを踏み込んでみたり、合流の所でシフトを下げてみたりすると、ゲームのレーシングエンジンのように気持ちよく回りだして、加速し出す。コレは気持ちイイね。

試乗終了。ちょっと色々と気になる部分はあったけど、乗っていて楽しいクルマだと思ったヨ。10歳若かったら、無条件でフィットにしたかもしれないね。

事前に調べてはいたけど、値引きは厳しい数字。トータル金額ではかなり差がついてしまった。

05090302

フィットは良くも悪くもホンダの車だと思った。金額の差(多少は変わってくるだろうけど)と車の性格の差をどう評価するのか、少し考えてみたい。

|

« クルマを見に行く(デミオ編)。 | トップページ | 誕生日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6475/5790349

この記事へのトラックバック一覧です: クルマを見に行く(フィット編)。:

« クルマを見に行く(デミオ編)。 | トップページ | 誕生日に »