«  7月 1日 金曜日(bye bye, namco...) | トップページ |  7月10日 日曜日 »

2005.07.03

 7月 3日 日曜日

「紫陽花の寺」と呼ばれる寺は沢山あるが、関西では、まずは宇治の三室戸寺

というわけで、時期をちょっと逃した感もあるが、昨日行ってきた。

ここのところ関西は暑い日が続いていたのでどうかと思ったが、昨日は久しぶりに雨が降ったり止んだりの、紫陽花を見るには絶好の日和。京阪で中書島から宇治線に乗り換えて、文字通りの三室戸駅から少し歩く。寺の前に着くと、大きな駐車場があった。先週までは恐らく、駐車場が一杯になるくらい人がいたのだろう。

05070201

山と山の合間にあるような地形で、天気も相まって、「けぶる」雰囲気が写真で伝わるだろうか。デジカメの写真も、光量のせいか、ブレた写真が多かった(汗。あまり機械のせいにしてはいけないのだろうが、こういう時には、やはり折角の機会なのだからと、新しいデジカメが欲しくなってしまう。門を入り、道なりに進むと右手に紫陽花園が広がる。

やはり紫陽花は終わっている花も結構あったが、結構楽しめた。濡れた紙に水彩絵の具を落としたような紫陽花の花(本当の花というのは、装飾花の真ん中にある小さな花なんだそうだ)には、やはり梅雨時の風景がよく似合う。カタツムリもたくさんついていたよ。

三室戸寺は紫陽花の他に沢山の花が楽しめるのだが、紫陽花が終わると、蓮が本番。

というわけで石段を上がりつつ、本堂の蓮を見に行った。

05070202

蓮にとっては、雨の降る天気というのは今ひとつなようだ。それでも朝早く行くことができれば、きっと美しい花に会えるのだろう。翌日(7月3日)は蓮の葉に酒を注いで、茎からチウーッと飲む「ハス酒を楽しむ会」というイベントがあったそうだ。

05070203

蓮の葉は、まるで絨毯のように細かい毛があるようで(指で少しなでると色が変わるのがわかる)、雨の日の後などは、水を貯めている様子が楽しい。ハス酒の遊びもそんな様子がキッカケにでもなっているのだろうか。

この寺はホームページの他にblogサイトもあって、直近の様子がよくわかる。そしてこのサイト写真はとても綺麗に撮れている(どんな機材で撮影しているのだろうか・・・)。行かれる方は、事前に確認されてから行かれると良いだろう。

|

«  7月 1日 金曜日(bye bye, namco...) | トップページ |  7月10日 日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6475/4803096

この記事へのトラックバック一覧です:  7月 3日 日曜日:

«  7月 1日 金曜日(bye bye, namco...) | トップページ |  7月10日 日曜日 »