«  8月17日 火曜日 | トップページ |  9月 5日 日曜日 »

2004.08.29

 8月29日 日曜日

 土曜日のハナシ。

 夏休みの工作ではないけれど、auの料金請求書に同封されている小冊子に出てたペーパークラフトを作ってみた。
 失敗するかもしれないので、本番を作る前に簡単な作品(らしい)で先に練習。その前に木工用ボンドがなかったのでダイエーで買ってきた。デザインナイフと金属の定規、カッター用のマットを引っ張り出してきて、製作開始。慣れてくると直線は楽に切れるようになるけど、曲線が結構緊張する。台紙から切り離すのが結構大変、というか面倒。けど切り離しながら頭の中で、(この糊代はどこを固定するのか)とか、(このパーツは内側のだから、極端に慎重にしなくてもいいかな)とか考えながら切っていくと結構楽しい。
 というわけでできました。第一号「カミノサウルス」。どうですか、この迫力!イカス!!

04082901.jpg

 てなわけでその余勢を駆って、本番のからくりペーパークラフトに挑戦。
 これは前作?に増してパーツが多いのと、少し紙が厚くなっているので、ナイフを握る手も力が入る(うまい人はそんなに入れる力もかわんないのかもしれないけど、とにかく「紙が厚いんだからその分力を入れないと切れない」と思って単純に力が入る)。夜中になっても終わらんので、とにかく切るところまで終えて眠ることにする。眼も腕も力を入れすぎたせいか、爆睡した模様。

 で、今日のハナシ。

 朝から気合入れて、とにかくボンドで貼って貼って、組む、組む、組む。木工用ボンドは意外と乾くのが早い。爪楊枝で紙につけたボンドを均一にならして貼って、しばらく押さえたら、もうくっつく。多少はみ出ても、透明になるから気にしない。からくりの部分の細長い直方体などを紙で作ると、真ん中あたりは糊で貼った後の押さえがきかなかったり、台座の部分は糊代が多くて作るのが大変。
 説明書順にやってると時間が無駄になるので、乾かしている間に別の部品を作ったりして順調に進む。ただちょっと気になったのは、ペンギンの部分は白い紙に黒の印刷なので、黒い部分をカッターで切ると断面の白い部分が見えてちょっとかっちょ悪い。黒いマジックで塗るのも考えたけど、マジックで縫ったところが黒すぎて逆に目立たりするとイヤなので、そのままで妥協。
 組み立ての途中で、ハンドルをつける位置が左右逆なのに気づいたけど、時すでに遅し。機能に影響はないし、人に見せる時は裏側からハンドルを回すからちょうどいいよね、なんて言い訳しつつそのままに。
 ・・・ついに完成。この雄姿を刮目せよ、グワ!

04082902.jpg

 左の黄色い取手をクリクリ回すとペンギン君の羽がパタパタバンザイするという単純かつイカした仕様。こんな工作のために二日かけるなんて・・・たまにはいいかもね。

 ペーパークラフトはお金ほとんどかからないし、なかなか楽しい。

|

«  8月17日 火曜日 | トップページ |  9月 5日 日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6475/1305974

この記事へのトラックバック一覧です:  8月29日 日曜日:

«  8月17日 火曜日 | トップページ |  9月 5日 日曜日 »