«  1月 2日 金曜日 | トップページ |  1月11日 日曜日 »

2004.01.05

 1月 4日 日曜日

 正月休みも今日でおしまいだ。
 例年年末には「あれもやりたい」「これやんなきゃ」とだけは思うんだけど、結局なにもやらずにキューにたまったままになってしまうパターン。

 例年新年に参拝する鎌倉宮が、ご近所の鶴岡八幡宮より格が上、みたいなことを聞くので、ちと調べてみた。
 元々は神社に格式の上下、っつうモンは無かったらしいが、明治時代に全国の神社を調査した時に区分け(格付け?)ができたらしい。それ以前の延喜式にも式内社として大小の格付があったけど、鎌倉宮は明治創建なので省略。一般的に言う旧国毎の一宮も制度として明文化されていない呼称のようなのでこれも省略。
 官幣、国幣、毎にそれぞれ大社、中社、小社というように格付けされていて、鎌倉宮は官幣中社、鶴岡八幡宮は国幣中社。官幣は神祇官、国幣は地方官が幣帛する、とある。幣帛って何なのか三省堂「大辞林 第二版」によると(ちうかgooで検索すると)、へいはく【幣帛】(1)神前に供える物の総称。みてぐら。にきて。ぬさ。(2)贈り物。進物。とある。幣は供え物(ぬさ)、布(へい)。帛は絹の意。つまり国や地方から神社にお供えしていた、ってことらしいですな。
 これだけ見ると、鎌倉宮の方が社格は上なんだけど、近代社格の上位社は南朝の皇族、武将が祀られている神社が多く、軒並み官幣社が多い(しかもそういった神社は殆どが明治創建。そういうムーヴメントがあったのだろう)。一方鶴岡八幡宮は宇佐神宮から勧請(分霊を移すこと)した京都の石清水八幡宮からさらに勧請されたとは言え、創建900年を超え、さらに相模国一宮。
 結局どちらが上下、ということは現代では言えないのでは、という当たり前の結論に。僕は別に古いから良い、とか明治に創建された神社が何らかのバイアスがかかってるからイヤとかいう考えは全然無いので誤解されないように。
 こちらを参考にしました。

|

«  1月 2日 金曜日 | トップページ |  1月11日 日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6475/73768

この記事へのトラックバック一覧です:  1月 4日 日曜日:

«  1月 2日 金曜日 | トップページ |  1月11日 日曜日 »