2014.01.04

謹賀新年


今年は気が変わって、京都の北野天満宮へ電車で行ってきた。

嵐電に乗るのも本当に久し振り。

今年もマイペースでいきたい。

2014010401

写真は夕方のiPhoneの画像なので、大分暗い。

日記鯖から移行してちょうど10年、特に面白いネタがあるわけでもなく、文字通り日記の代わりに書いてきたけど、このところ歳のせいか、元来の筆不精に加えて堪え性もなくなってきているので、この辺りで一区切りにし、書きたいことがあったらtwitterなりFacebookなりに適当にホゲホゲ書いていこうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.05

松屋、復活してた。


これも先週のハナシ。

昨年営業停止していた博多の「松屋」。長岡大和屋(越の雪)・金沢森八(長生殿)・松江風流堂(山川)とともに日本を代表する和菓子「鶏卵素麺(和菓子の中では南蛮菓子というカテゴリだったが)」発祥の名店だったが、博多阪急に出ていたのを見て驚き、調べてみたら、薩摩蒸氣屋が工場を買い取って復活させていたようだ。

2013110501

少し嬉しくなって、たばねを買って帰った。


2013110503

前はもっと「ねっちょり」甘かったような気もしたが、いずれにせよ復活したのは良いことだ。

上記の菓子は、いずれもお茶が前提のお菓子ばかりなので、これだけで生き残っていくのは難しいとは思うが、色々と工夫をこらして頑張っていただき、昔からの伝統菓子として残していってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.04

大宰府・竈門神社(かまどじんじゃ)


同じく先週のハナシ。

呼子の続き。

呼子を出て、車でそのまま福岡市内を経由して大宰府へ向かう。

こちらも一度行ってみたかった 竈門神社(かまどじんじゃ)へ。

2013110401

元々大宰府の鬼門にあたる、九州の総鎮守だそうだが、こじんまりとしていて、一見普通の神社の雰囲気だ。

2013110402

しかぁし、この神社とは思えないような社務所が訪問の目的。下から見上げるとまるで山中の別荘のように見える。

2013110403

京都の禅寺の矩形のアプローチを見慣れている目には、木々の間をうねるような曲線がとっても新鮮。

2013110404

階段を上がり右手、先ほどの建物(社務所・お守り授受所)の入り口。これが本当に神社の中の建物なのか?

2013110405

一般的な神社の屋根に見える「そり」とは逆の「むくり」屋根が印象的。


2013110406

天井や壁面の一部には竈門神社の御紋(さくら)のデザインが。

2013110407

授受所を入口側から。

間接光と曲線・淡い色遣いが、うっすらと「かわいい」雰囲気を出している。普通の神社にある「おごそか」な雰囲気とは対照的だ。

2013110408

ここで絵馬に願い事と書いたりするのだろう。よく見ると普通のペンが並んでいるだけなのだが、「かわいい」。

2013110409

2013110410

もはやインテリアショップなのではないかと思えてしまう。男性だけが入るのに、ちょっと引いてしまう人もいるかもしれない。

2013110411

そしてこちらには授受所の裏手のテラスにある、ジャスパー・モリソン設計の石の椅子が並んでいる。

2013110412

座の部分がクルクル回って、まるで石臼のよう。座ってクルクル回ってみると、素材の質感と軽快に座面が回る感覚のミスマッチ感から、ちょっと楽しい気持ちになる。

寺社がかつて持っていた、地域の人たちが集まる「結」の結節点のような役割はすっかり薄くなってきていると思う。この建物がそれにかわる何かを提示するのに堪え得るか、あるいはただのミスマッチでアンバランスな際物で終わるかどうかは、時間が結論を出してくれるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.03

佐賀・呼子

先週のハナシ。

九州出張仕事が金曜日だったので、一泊してレンタカーを借りて、取引先への挨拶も兼ねて呼子(よぶこ)へイカを食べに行った。

テレビや雑誌で見ることは多いけど、やぱし自分の目で見て、食べてみないとね。

地図で見ると遠いようにも見えるが、大体福岡市内から1時間半くらい。結構近いんじゃ。

早速取引先の方に連れて行っていただく。

2013110301

まさに「テレビや雑誌の通り」の活き造り。お造りをいただいた後の残りは天ぷらでおいしくいただいた。

2013110302

呼子の港の北側・加部島の展望台から呼子の港の風景。何故か去年の高倉健主演の映画「あなたへ」を思い出した。

2013110303

更に車で案内していただき、九州の西北端・波戸岬へ。当日は台風一過、大変良い天気で、玄界灘の遠く先に壱岐島が見えた。写真の右側にうっすら見えるだろうか。

やはり知っているのと、見た・体験したのとでは違いは歴然。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.06

白山スーパー林道へ出かけた。

 先週の話。

 一度は見てみたかった、白山へ出かけることにした。といっても登山するわけではなく、近くまで車で出かけて見てみるという軟弱なハナシだ。



大きな地図で見る

 主峰の北側を石川県から岐阜県へ抜ける、白山スーパー林道つう有料道があり、そこから見てみることにした。

 早朝起きて出かけたが、名神の大津を過ぎたあたりで日が昇ってきて、しばらく超逆光。結構危ない。サングラス必須かも。

 北陸道は敦賀あたりまではうねうねだが、今庄を過ぎれば直線が多くなって快調。小松で降りて、一般道を行く。有料道に近づくにつれ、段々と道路が狭く、外気も涼しくなってくる。

 林道は片道3,150円と結構なお値段と思ったが、走りながらあちこち補修している様子を見ていると納得できると思った。

 納得できないのは恐ろしく遅いスピードで後続を数珠つなぎにして走るヤツ。プリウスのおそらくEVモードで走行しているんだろううけど、そういうのは道路ではなく、遊園地のメリーゴーランドにでも乗っとけ。

 というわけで林道の一番高いところ(標高1,400メートルくらい)の展望台から、写真を撮ってみた。


2013100601

 遠くに見える一番左の峰が、白山最高峰の御前峰。地図で見る通り、やっぱり遠いよね。

2013100602

 寒くなるかと思って上着なども持って行ったが、逆に袖をまくりたいくらいに暑かった。

 帰りに初めてCVTのマニュアルモードに入れて走ってみたが、これが結構よく出来ていて、適度にエンジンブレーキが利いて感心した。それでも山を下りた後は、制動距離が長くなっているのがはっきりわかるくらいだったが、フットブレーキしか使わん人はどうなんだろうか?メガーヌ(に限らずルノー車は)普段ブレーキが利きすぎるくらいな感覚なので、相対的に「普通くらいに戻った」だけなんだろうか?

2013100603

 帰りに加賀国一宮、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃと読むそうだ)に立ち寄る。他にも寄りたいところは色々あったのだが、遅くなって名神の渋滞に巻き込まれるのがイヤなので、早々に引き上げた。

 事前にウェブでぐるぐる見てみると、白山は市街地などからも結構見えるらしい。また冠雪した頃に見てみたい気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェーザレ・ボルジアを知っていますか?


遅れまくっていたモーニング不定期連載の漫画の副読本「チェーザレ・ボルジアを知っていますか?」が先月届いた。

面白すぎるので、もったいないから少しずつ読んでいる。

ただ、購入者向けのPDF本が、Firefoxが2回とも途中で落ちて、ダウンロードできなかった。学区死。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.24

企業再生3部作

 三枝匡の所謂企業再生3部作「戦略プロフェッショナル」「経営パワーの危機」「V字回復の経営」を一気に読了。

 正直、半沢直樹よりずーっと面白かった。比べるものでもないかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.12

近頃我が家で流行るモノ

なんつってももピンと来る人少ないんだろうなぁ。

愛器のThinkPad X1(初代、というかcarbonじゃないやつ)ですっかりアイソレーションキーボードに慣れ切ってしまったので、デスクトップ用のも、買い換えてみた。

2013091301

Logicool Washable Keyboard k310


2013091302

文字通り浮き石。

で、タイプしてみると、軽いけどクリックも結構ハッキリしていて、これがかなり気持ちイイ。ゴミが詰まってブロワーで吹く必要のなくなるみたいだし。

結構気に入ってしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.01

さんふらわあ

先週のハナシ。

会社の帰りに、同僚の子供の3歳の誕生日プレゼントの、ミニカーを買いに梅田へ立ち寄った。

無論、プレゼント買いに行くのにかこつけて、自分の欲しいものを買うためで(も)ある。。。

で、選んでいる時にふと思ったのだが、既に持っているものをもらったら、結構嬉しくないんじゃないかと思うと、ミニカー選びは結構リスクが高いのかもしれない。

だから消防車や救急車はやめて、少しマニアックっぽいものにすることにした。

そして自分用に選んだのは、これ。


2013090101

トミカのミニカーに、船があるのは知らなかった。

いつかこの船に乗って、のんびり旅行などしてみたいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.27

和泉素麺


先週のハナシ。

Wikipediaでぐるぐるしていたら、石川丈山の項に、外部リンクから、愛知県の三河安城に「和泉素麺」という麺があることを知った。

メーカーのホームページを見てみると、半生の素麺というものががあるようだ。早速取り寄せてみた。

2013082701

こういう袋に密封されて入っている。日持ちは4ヶ月もあるから、十分だ。

切らずにぐるぐるの長めになっているので、2回くらい切ってから茹でる。半生とあってか、最初はちょっと茹で過ぎて、コシがなくなりかけてしまった。心もち固めで鍋から上げてしまう方が良いようだ。2回目は成功。

これはこれで、もちもちとした食感が良い。好みかというとちょっと違うが。日々勉強。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.26

ようやく雨が降って


暑さも一時ではあるが、凌ぎやすくなった。

夜の帰り道で、ようやく秋の虫が鳴きだしている。

8月が終わり9月になれば、少しは過ごしやすくなるだろう。

2013082601

先週まではブドウ、そして今晩は久しぶりの梨。

今年は東日本では(20世紀などの)青梨がよくないと聞くが、どうだろうか。

仕事柄そんなことがふと頭をよぎった。ありがたく、おいしくいただいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.19

そうめんの季節も


2013081901

沢山いただくのでおすそ分けしたりしながら食べていた今年の素麺も、これで最後の2束になった。

仕事柄もあって、色々と薦められて買ってみたり、いただいたりしているものを食べたのだが、結局今年も新しい発見もなく、自分が一番美味しくいただけたのは、例年通り徳島の「半田めん」だった。

今年は野菜などを練りこんだり、また油を使わずに葛粉を使ったものなどを食べたりしてみたが、どれも今ひとつのような気がする。年々「変り種」が多くなってきているが、それだけ普通の商品が売れなくなってきているのだろう。

また、今年分からは北海道の国産小麦粉も主力商品が入れ替わり、大分良くはなってきているようにも思えるが、結局は普段通りの豪州産小麦で、変わらぬ方法で作られるものが一番おいしい。

一応これで家の在庫は無くなったが、もう暫く続きそうな残暑につられて週明けまでに買い足すかどうかは、気分次第といったところだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.08.13

カーナビ地図更新

先週のハナシ。

カーナビ(Pioneer AVIC-T77)のMcroSDに曲を追加しようと思って、カードだけ抜いてを持って帰る。

帰ってPCに挿すと、地図ソフトから更新の通知。

差分更新だけだとすぐ終わるのだが、今回は年次更新。データのダウンロードにも時間がかかるが、MicroSDから本体へ反映させるのにも時間がかかる。しかも反映中は途中で電源も切れない。昨年はエンジンを切って車を降りられずに、面倒なことになった。

兎に角更新データをダウンロードして、翌日カーナビ本体をまた駐車場から回収。家でACアダプタを接続して更新することにする。

追加する音楽データをMicroSDへ書き込んだら、瞬間エクスプローラを巻き込んでフリーズ。

イヤな予感がしたが、PCを再起動してチェックディスクをかけるも、状況回復せず、フォーマットもできない状態に。

仕方ないので月曜日にMicroSDを買ってきて、最初の更新データのダウンロードから全部やり直すことになってしまった。

2013181301

結局音楽データを追加しようと思ってから地図データを更新するだけで、4日もかかってしまった。

スマートフォンのアプリでも、ほぼ毎日のようにアプリのアップデートのダウンロードが発生する。Androidなら自動でダウンロード許可することのできるが、勝手に更新されるのも気持ちが悪い。PCのFirefoxも動きが妙に鈍いと思ったら、自動更新がかかっていることもしばしばある。

バグフィックスや機能追加も結構だが、何とも面倒なことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.10

入院

2013061001


先月のハナシ。

夜、急に胸が眠れないくらいに痛くなり、翌日整形外科に行ったのが、間違いの始まりだった。

てっきり咳で肋骨にヒビでも入ったのかと思ったら見当違いで、実はひどい肺炎だったのだ。

その後2日程、痛みをこらえて仕事をしていたが、どうにも我慢できずにかかりつけの内科で診てもらったら、その場で即総合病院へゴー。その後3週間ちょっと入院することになった。

当初は絶食で点滴のみでの入院生活で、ひょっとしたらダメなのかとも思ったが、幸い持ち直し、検査の結果や経過も順調に回復し、完治にはもう少し時間がかかるものの、何とか退院することができた。

今も肺に水が残っている状態で、少し歩くと息が切れるし、未だ違和感も残っているが、病院の皆さんのおかげで回復し、職場の仲間のおかげで3週間も休んだにもかかわらず、仕事に穴をあけずに職場に無事復帰できた。

人間40過ぎたら、自分の体を過信しちゃいかん。

それと自分の体と常に向き合って、メンテを怠らないこと。後で必ずツケがまわってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.03

謹賀新年

2013010301

いつもの場所です。今年は雨でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.13

カキツバタを巡る(4)鳥取唐川


さて、牧谷を見た後は、今日の本命、唐川の自生地だ。


大きな地図で見る

地図で見た限りでは、道幅がわからんが、こんな山の中だと、相当狭い道だろうと思い、県道37号線から山に入っていくと、、、

予想通り、えらい道だった。

こんな道で対向車とすれ違ったら退避できる場所もほとんどないし、対向車が来ないことを祈るだけだったが、途中でも「がけ崩れで最近塞がった道を、また切り通しました」みたいな箇所もあって、ちょっと37号線側から唐川に入るのはオススメできない。というか僕は次はもうこちらからは来ない。

恐る恐るようやく駐車場にたどり着いて、歩いて入り口を見てみると


2012052605

何ですか、くま出没注意!!って。。


2012052606

そのくま出没注意!!の道をえんえん歩くのは、正直結構怖いです・・・
入り口のカンバンにはあと300メートルとあったけど、絶対その倍は歩いたんじゃねぇかと思った先は、


2012052607

未だ全然咲いてませんでした。折角息を切らしながら歩いてきたのに。。。でも


2012052608

よーく見ると、咲き初めているのがわかる。望遠で目一杯寄った写真なので、肉眼では正確な姿までは確認できない。

帰りは逆側へ抜ける道で帰ったが、こちらはまだまだ広い道路でホッとした。
まぁでも行き方もわかったし、花はまた、来年までの楽しみにしておくことにする。
後は来年京都の「大田の沢」を見れば、三大自生地制覇だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.12

カキツバタを巡る(3)鳥取牧谷

先々週の余勢を駆って、カキツバタ三大自生地のひとつ、鳥取唐川のカキツバタを見に行くことにした。

鳥取は一部区間のみ一般道になるが、ようやくほぼ高速道路が開通して、ちょっとは行きやすくなった。


大きな地図で見る

牧谷の交差点まではナビですぐではあるが、そこから先が、これまたわかり辛い。何度かぐるぐるしてみたがついにわからず、車は遠くに停めて、歩いて探すことにした。


2012052601

で、ようやく入り口をようやく発見。歩いてすぐみたいだったが、、、


2012052602

すれちがったおっちゃんによると、今年はほぼ、終わりだそうだ。


2012052603

それでも結構、花は残っていたよ。

見頃を過ぎてもあえて見に行こうと思ったのは、ホームページに、付近にモリアオガエルが生息していると書いてあったからだ。もしや遭遇しないかと思いじーっと湖面の上の木などを見ていたが・・・見つからなかった。

帰りもトボトボと歩いて帰ったが、周りの田んぼはちょうど水入れの時期。カエルやヒバリの鳴き声がそこいら中から聞こえる。中学生は皆挨拶してすれ違う、気持ちのよい、のどかな田舎であった。
(つづく)

2012052604

しかし、ここは入り口を中心にキショウブが結構あるが、要注意外来生物をそのまま放置しておいてよいものだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.11

カキツバタを巡る(2)刈谷小堤西池

八橋を見た後は、本命の刈谷市の小堤西池へ移動だ。

風も強いが日差しが結構強く、初夏の陽気だ。

ホームページなどで事前に調べてはいたが、地図を読み間違えて駐車場に入るまでに時間がかかってしまった。

入り口はこちら。


2012051204

ここから暫く歩く。マムシ注意とある。


2012051205

暫く歩くと田畑が広がってきた。もう少しだ。


2012051206

てっきり湿原というので、半ば森のような処かと想像していたけど、半ば田園風景の中にあって驚いた。

2012051207

写真の右奥の森は、池に流れる地下水の後背にあたるので、刈谷市が買い上げたそうだ。

2012051208

見頃からちょっとズレていたかもしれなかったが、自生するカキツバタを見られて、おっさんながらちょっと感動した。車で行くには便利なところなので、是非また見にきたいもんだ。

この後はそのまま東京へ移動。初めて新東名で移動したが、こちらも大変快適。四日市付近の渋滞がなければ、東京方面へは名神-第二名神-伊勢湾岸-東名-新東名が正解かも。でも帰りは新東名と東名の合流地点から、激しく渋滞していたが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.10

カキツバタを巡る(1)知立八橋

花関係の仕事の段取りが一段落。ふと見てみたくなって、出かけることにした。

名神、第二名神、伊勢湾岸と乗り継ぐ。豊田南からすぐで八橋だ。


大きな地図で見る

後で地図を見たら、名鉄の駅からも歩ける便利なところだ。

車をとめる臨時の駐車場が野球グランドらしく、風が吹くと物凄い砂埃が舞う。口をしっかりつぐんで、入り口に向かう。

2012051201

ここは無量寿寺というお寺の庭にあたる場所のようだ。見頃なのか、沢山人がいる。

2012051202

おおむねこんなかんじな場所が何箇所かあるかんじだ。花は一斉に咲いて、一斉に終わるわけではないようなので、キレイに開いている花もあれば、既にしぼんでしまっている花も点在している。本の写真で見るような光景は、最初の開花直後に見に行かないといかんのだろうか。

2012051203

この日は風が強く、撮るのも結構根気がいった。とはいえ、いずれ見たかった花がようやく見れて嬉しい。

十分見て堪能したから、次に移動だ。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.07

サイコロそろばん

2012050701

2歳になる甥に何かあげようと思って、買ってきたのがこれ。

播州そろばんメーカーの作った、サイコロそろばん。

しかし一体これって、何の意味があるのか?サイコロの目が、算盤の目になっているだけじゃないのか?そして子供が投げても、壊れないのか??

見れば見るほど、意味不明の不思議な製品だ。

ということで、気になるので甥には送らずに、暫く机の上に置いておくことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«南信飯田へ(2)